主要なクラウドプロバイダーと統合

Amazon S3とMicrosoft Azure BlobストレージのFileCatalystクラウドストレージ統合は、AmazonとMicrosoftが提供するAPIを直接活用します。 競合するソリューションとは異なり、FileCatalystはオブジェクトストレージにアクセスするためにサードパーティのツールやドライバを使用しません。 この緊密な統合により、物理ストレージメディアで実行できるFileCatalystのほとんどすべての機能を、比類のないパフォーマンスでクラウドストレージ上で実行できます。 コンテンツは、FileCatalystクライアントスイート全体を通じてアクセスされます。 特別なツールやスクリプトは必要ありません。

cloudjpg

FileCatalystをクラウドVMに展開してストレージに接続したら、利用可能なクライアントオプションを使用してデータの移動を容易にします。 FileCatalyst HotFolderを使用して転送を自動化したり、FileCatalystワークフローを電子メールで配布したり、FileCatalyst SDKを使用してカスタムソリューションを構築したりすることもできます。

すべてのストレージの統合ビュー

クラウドコンテンツ

FileCatalyst Serverには、クラウドベースのコンテンツを直接指す仮想ファイルと仮想フォルダを定義する機能があります。 たとえば、S3やAzureでホストされているファイルやフォルダは、仮想ファイルやフォルダを作成してそのユーザーに割り当てることで、特定のユーザーが利用できるようにすることができます。

ユーザーは、ローカルに保存されているすべてのファイルとフォルダだけでなく、クラウドストレージに保存されているファイルやフォルダを表示します。 複数のユーザー間でアクセスまたは共有するために、両方のレルムのファイルとフォルダをグループに割り当てることができます。